老化防止の為のエイジングケア【美容成分を外側から導入してあげる】

若さを保つ

肌ケア用品

若返らせる成分

いつまでも若々しくありたいと考えるのは誰しも同じことです。特に女性にとってシミやソバカスは大敵であり、普段からいろいろな対策を施しています。いつも使っている化粧品でも、エイジングケアの言葉があれば強く惹かれるのは当然のことと言えます。ひと口にエイジングケアと言っても有効成分には様々なものがあり、目的によって使い分けられています。赤ちゃんはみずみずしい肌とよく言われますが、肌の潤いは年を重ねるにつれて失われていきます。肌に水分を蓄える機能が衰えることでカサカサした肌になってしまうのです。水に馴染みやすいグリセリンは保湿効果に優れた成分で、多くの化粧水に配合されています。ひび割れやあかぎれなどにも効果を発揮します。肌を老けたように見せる大きな要素がシミやソバカスです。シミはメラノサイトによって生成されたメラニン色素が残り続ける現象です。メラニン色素が大量に生成されるか、排出機能がうまくいかないかのどちらかが原因として考えられます。エイジングケア化粧品に使われるルミキシルペプチドは、メラニン色素の生成に関与する酵素の働きを阻害する成分です。ハイドロキノンにも同様の効果がありますが、ルミキシルペプチドはハイドロキノンよりも高い効果を発揮することが実験の結果から明らかになっています。加齢によって新陳代謝の能力は衰えていきますが、プラセンタエキスは肌のターンオーバーを活性化させるのでエイジングケア製品によく使われています。